赤ら顔は皮膚科で治るのか?

いつも顔が赤い、メイクをしてもなかなか隠せないなど、赤ら顔に悩む人は多くいます。顔には頬や顎、鼻などを中心に血管が多く、これら毛細血管の広がりが赤ら顔の原因になるとされています。
元から皮膚が薄かったり敏感肌であったりすると、わずかな刺激でも毛細血管が広がってしまい、結果、顔が赤く見えてしまうのです。赤ら顔は簡単に治せるものではありませんが、皮膚科などを利用することで、少しずつ改善していくことができます。

皮膚科での治療方法について

皮膚科で治療する場合は、主にレーザー治療と処方薬の2種類の方法が採用されます。レーザー治療では、光を赤みがある部分に照射していき、原因となる赤い色素や毛細血管を破壊していきます。物理的に根本から治療できる方法なため、得られる効果は大きいのが特徴です。確実な改善を臨む人であれば、この方法が向いています。施術自体は短く、1度にかかる時間は5分~10分程度となります。1回の施術だけで完治させることは難しく、少なくとも複数回以上はレーザーを照射する必要があります。
一方で処方薬ですが、こちらは気温差やアルコールなどが原因で毛細血管が広がりやすく、赤ら顔になってしまう人に向いた治療法です。血流を改善する効果がある漢方などを服用することで、症状の改善を促します。副作用の心配が低く安全な方法ではありますが、すべての人に効果があるわけではありません。血流に問題がない人であれば、飲み続けても効果は現れません。

レーザー治療も赤ら顔に効果的ですが・・・

レーザー治療は効果が高く、ほとんどの赤ら顔に対して有効です。しかしその一方で、デメリットもあります。
それは、費用が高いということです。赤ら顔の治療は、皮膚科や美容皮膚科で受けることができます。皮膚科であれば、赤ら顔が重症であると判断されれば保険適用で治療が受けられることがあり、自己負担は全額の3割で済みます。
しかし、美容皮膚科の場合は保険が適用されず、費用はすべて自己負担となります。1度の施術でおよそ1~2万程度かかり、更にはレーザーの照射も1度だけでなく複数回以上行う必要があるため、かかる金額も大きくなりがちです。
人によっては、完治するまでに15万~30万円程度かかることもあります。
よって、レーザーによる治療を希望する場合は、あらかじめ医師と相談し、総額でどの程度必要になる可能性があるのかを把握してから受けるようにしましょう。それ以外にも、治療によって炎症が起こるなどのリスクも存在するため、あらかじめ知っておきましょう。

専用の化粧品を使っても効果は期待できます

赤ら顔を治すためには、専用の化粧品を使って自宅でケアする方法もあります。赤ら顔専門の化粧水としてしろ彩がありますが、赤ら顔に有効とされる成分を豊富に含んでおり、赤みのない肌に整えることができます。
雑誌などの各種メディアでも紹介された実績を持ち、リピーターも多い人気の化粧水です。もちろん敏感肌の人でも使用できるように、無添加にこだわって作られています。
アルコールやパラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油などの化学成分を一切使用せず、厳選された成分のみを使用しています。
購入したい場合は、公式サイトからお得に購入することができます。定期コースに申し込むことで、初回からずっと定価の20%オフで購入でき、更には送料もかかりません。使い切った状態であっても対応可能な30日間の返金保証もついているため、試しで使ってみたいと思っている人にもおすすめです。赤ら顔に悩んでおり、自宅でケアしたい人は試してみてはいかがでしょうか。