赤ら顔にステロイドは効果があるのでしょうか?

お酒を飲んだように顔が赤くなってしまう赤ら顔に悩む人は少なくないとされていますが、赤ら顔にステロイドが効果的なのか気になる人も多いのではないでしょうか。
長期間使用するのは良くないとされているステロイドですが、実際に使用することで赤ら顔の改善に効果があるのかどうか、なぜ赤ら顔になってしまうのかその原因や、ステロイドを使用する際の注意点などについて考えてみましょう。赤ら顔に悩んでいる人は必見ですので参考にしてみてはいかがでしょうか。

赤ら顔の原因

実は赤ら顔と言ってもその原因はいくつかに分かれることをご存知でしょうか。たとえば、もともとも皮膚が薄い体質で顔の下の血管が浮き出てしまうことで赤ら顔となっている毛細血管拡張症が原因であることもあれば、皮脂分泌が過剰になる脂漏性皮膚炎になって顔の皮膚が炎症を起こしていることが原因の赤ら顔もあります。

また、長期的な原因やホルモン分泌の減少など様々なことが要因となって徐々に進行するいわゆる酒さが原因の赤ら顔もありますし、ステロイドの過剰使用によって皮膚が薄くなり結果的に毛細血管拡張症となることも考えられます。

このように、一口に赤ら顔と言っても素も種類はいくつかありますので、根本的に改善したいのであればまずはその原因を把握することが大切となってきます。そして、その原因に見合った治療を行っていくことで少しずつ改善していく兆しが見えてくると言えます。

赤ら顔の治療を行う場合にはステロイドを使用することもあります。危険性やリスクが高いと言われることもありますが、用法・用量を守って正しく使用すれば効果が期待できることもあるとされていますので、きちんと医師の指示に従って使用していくことをおすすめします。

ステロイドを使用するときの注意点

ステロイドは使用し始めて症状が改善されたからと言ってすぐにやめてしまうのはステロイドによって抑制されていた炎症反応が急にやめることでその反動が大きく出るために逆効果とされています。
急にやめてしまうとステロイドを使用し始める前よりも症状が悪化することも考えられますので、ステロイドを使用するときは皮膚科などの専門医に支持された期間を守って使用するのが大前提です。

また、皮膚科によっては赤ら顔で炎症が出ているからととりあえずステロイド剤を処方する医師もいるとされています。そのため、ステロイドの量や使用期間などのその患者に合わせて処方してくれる皮膚科医に受診するのが良いと言えるでしょう。

そして、症状がなかなか落ち着かないからといって決められた使用期間よりも長くステロイドを使うのもあまり好ましくありませんので、症状が落ち着かない場合にはステロイドを処方してもらった皮膚科に再度受診してみることをおすすめします。間違っても自己判断でステロイドの量を減らしたり増やしたりするのはしないように心がけましょう。

安全な成分が配合された化粧品の使用をおすすめします

赤ら顔だからこそ、化粧水を使用する際にはしっかりと安全な成分が配合されているものを使いたいものですが、赤ら顔は前述した原因の他にも肌のきめの荒れや角質の乾燥などによっても起こるとされているので、それを改善して赤ら顔の改善に導いてくれる化粧水を使用するのが良いと言えます。

しろ彩は、赤ら顔に悩む人のために作られた化粧水であり、赤ら顔の大きな原因となる毛細血管に直接アプローチして赤ら顔の改善に役立つとされており、美容成分であるプランクトンエキスの他に赤ら顔をケアしてくれるショウガ根茎エキスやカンゾウ、ブクリョウやセンキュウなどの安全性が高い成分を厳選配合しているので効果的に赤ら顔の改善に働いてくれるとされています。

その他にも、肌の中にある保湿機能を守ってくれる成分であるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの3つの保湿成分が配合されているのに着色料やアルコール、鉱物油などの肌の負担になる成分が一切配合されていないので安心して使用することが出来ます。

赤ら顔に悩みたくない、今度こそ改善して綺麗な素顔を保ちたいという人こそ、しろ彩を使用して綺麗な素肌を目指してみてはいかがでしょうか。