ピーリングで得られる驚くべき美肌効果

お肌の美しさは女性の永遠のテーマです。健康で綺麗なお肌を保つにはお肌のターンオーバー、つまり新陳代謝のサイクルが正常であり、古い角質層が排出され、新しい皮膚がきちんと再生することが大切です。しかし加齢によってターンオーバーのサイクルが若い頃のようにうまくいかなくなり、皮膚に古くい角質が残ってしまうようになることがあります。これが、シミやシワの原因になります。

ピーリングケアを行うことで、お肌の表面に残ってしまった古い角質を綺麗に落とし、お肌のコンディションを整えることで、年齢に負けない美肌を手に入れることができます。

ピーリングとはどのようなものでしょう

ピーリングとは古い皮膚を溶かすことにより、新しい皮膚の再生を促すケアのことを言います。シミ、そばかす、シワなどは皮膚にメラニン色素が沈着することによっておこります。ピーリングはその沈着したメラニン色素を効果的に除去することができる医学的にも認められたフェイシャルケアです。

美容皮膚科などで施術されるピーリングは、AHA(α-ヒドロキシ酸)やBHA(β-ヒドロキシ酸)などのタンパク質変成作用の強い成分や、皮膚の溶解作用を持つ成分を使用します。ですから皮膚に塗ると古い角質を除去し、新しい皮膚の再生を活性化するのです。定期的に行われることで高い美容効果を発揮します。

近年ではAHAを配合したスキンケアアイテムも販売されているので、クリニックでなどで施術してもらわなくても自宅でセルフでピーリングケアを実践できるようになりました。クリニック使用されるものに比べると優しい処方になっているので、お肌への負担は少ないと言われています。

ピーリングケアで古い角質を剥がしたお肌は外部からの刺激を受けやすくなっていますので、ピーリングした後は保湿や紫外線対策をきちんとすることが大切です。

クリニックで施術されるピーリング

セルフケアよりも高い効果を得たいという場合はクリニックでのピーリングケアが効果的です。クリニックによってピーリングケアの施術は異なりますが、一般的には薬剤を使用するケミカルピーリングと、医療用レーザーを使用したレーザーピーリングの二種類があります。

・ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングはAHA(α-ヒドロキシ酸)やBHA(β-ヒドロキシ酸)などの化学薬品を皮膚に塗布する施術方法です。薬剤によって古い角質を落とし、新しい皮膚の再生を促します。メリットとしてはAHAは植物由来成分なので薬剤ですが低刺激で即効性があるピーリングであることです。デメリットとしては、デリケートなお肌の方の場合、薬剤塗布による肌トラブルがある可能性があります。

・レーザーピーリングとは

もうひとつは医療用レーザーを使用するレーザーピーリングです。レーザーの種類はクリニックによって異なります。レーザーで古い角質を焼いて除去する方法です。メリットは化学的な薬剤を使用しないので、薬剤に弱いお肌の方でも施術を受けることができること。デメリットは費用がお高めになるというところです。

また、一部のクリニックではアルミニウムの微粒子を吹きかけて角質除去を行うクリスタルピーリングという施術が行われています。こちらも化学薬品を使用しませんので肌への負担が少なくなります。ただまだこの施術ができるクリニックは少ないようです。

ピーリングケアにもそれぞれメリット、デメリットがありますね。

自宅でもできるピーリングに

クリニックでのピーリングケアは費用が高額になりがちです。クリニックによって施術費用は異なりますが、1回5,000円から10,000円はかかることが多いです。

自宅でのセルフケアにすればもっとお手軽に、もっと低価格でピーリングを行うことができます。
自宅でのピーリングケアのアイテムは、洗顔石鹸を使用するタイプと美容液を使用するタイプの二通りがメインです。どちらも角質を溶かして落とす方法であり、やはりAHAやBHAなどの成分が配合されています。

自宅でのピーリングケアのメリットは、クリニックでのケミカルピーリングに比べて費用が格段に安いことです。また、クリニックで使用するアイテムと比較すると薬剤の成分量が少なく、お肌に優しいので、刺激の少ないピーリングケアを行うことができます。
しかし薬剤の成分量が少ないため、低刺激ではありますがクリニックのような即効性を感じにくいでしょう。

いきなりクリニックに行く前に、まずはセルフケアでのピーリングをやってみて、効果があまりなければクリニックでの施術を検討してみることをおすすめします。