シミの種類はさまざまです

シミのできる原因は皮膚にメラニン色素が沈着してしまうことです。シミの種類は「肝斑」「炎症後色素沈着」「光線性花弁状色素斑」などいろいろな種類があります。

皮膚にメラニン色素が沈着する原因もひとつではありません。ホルモンバランスによるもの、食生活の乱れ、紫外線、ストレス、老化、遺伝など様々な原因があり、それらが複合的に重なってできると考えられています。

またシミのケアについてはデリケートな部分もあり、よかれと思ってケアしていても逆にシミが濃くなるケースもあります。自分でシミをケアしてもなかなか効果が出ない場合は皮膚科などの専門医に相談することをおすすめします。

①肝斑に対するケアについて

「肝斑」は30代から40代の女性に多く見られるシミで、左右対称にできることが多いのが特徴です。主に顔に現れ、額、頬骨付近、鼻の下などにできることが多いです。また妊娠した時にできることもあり、女性ホルモンが肝斑の発生に関与しているとされています。

肝斑を防ぐのに有効なケアは、肝斑の再発因子とされる紫外線からお肌を守ることです。日傘や日焼け止めなどで紫外線を防ぎ、シミの原因であるメラニン色素の生成や沈着をできるだけ抑えることが大切です。また、化粧品によるフェイスケアもお手入れとして有効です。

注意すべき点は、顔、特に目のまわりなどの皮膚はとてもデリケートに出来ていますので、あまり強くマッサージしたりするとシミが濃くなってしまうケースもありますので、優しいお手入れを心がけるとよいでしょう。また、化粧品によるスキンケアだけでなく、食生活でもケアすることができます。

トマト、鮭、ベリー類などはビタミンCやビタミンEを豊富に含んでいますので、積極的に採るようにするとよいでしょう。ビタミンCやEはメラニンの抑制と還元が期待できる栄養素です。

②炎症後色素沈着のケアについて

あまり聞きなれない言葉ですが「炎症後色素沈着」というのはニキビ、ヤケド、肌のかぶれによってお肌が炎症を起こしてしまい、それによってメラニンが生成され、沈着してしまったシミのことを言います。シミができても1年から2年ほどで新しい肌が再生され、自然になくなってしまうことがほとんどですが、あまりひどいと消えないケースもあります。

炎症後色素沈着を防ぐためには、それ以上肌のかぶれやニキビを作らないように気を配ることが大切です。一番簡単な方法はできるだけ紫外線を浴びないようにすることです。紫外線を浴びると今できているシミが濃くなる場合があります。また、ビタミンCやビタミンEを多く含む食材を採ることも効果があります。

シミに改善が見られない場合は炎症になってしまう前に皮膚科やクリニックなどに相談する方が良いでしょう。炎症後色素沈着は初期治療が有効と言われています。また、シミができて時間がたってしまった場合でもレーザー治療などでシミをとる方法もありますので、美容皮膚科などで相談してみるのも方法のひとつです。

③光線性花弁状色素班のケアについて

ちょっと難しい名称ですが「光線性花弁状色素斑」と呼ばれるシミもあります。これは日焼けによってできるシミで、背中や肩、胸などにできることが多いです。花びらのような形や金平糖のような形をしていることからこの名前が付けられています。

日焼けの予防策として有効なのはできる限りの手段で紫外線対策を取り、強い日焼けをしないことが大切です。また、夏など海に行く時には紫外線防止効果のある長袖のラッシュガードなどを着て、お肌を紫外線から守るようにしましょう。小さいお子さんや歳の若い方は強い陽射しの下で紫外線を浴び続けると将来的に皮膚がんのリスクも高くなります。特に夏の日焼けには十分注意することが大切です。

もし皮膚がヒリヒリしたり水ぶくれになってしまうまで日焼けしてしまった場合は氷水や保冷剤などでよく冷やし、早めに対策を取ることが重要です。日焼けはヤケドと同じですから、とにかく早めに冷やすことが大切です。また、炎症が治まった後はビタミンCやビタミンEの配合された美白化粧品などでスキンケアをするとよいでしょう。