ニキビの跡が肌に残った場合、メイクで隠す方法をいくつかお教えしましょう。

正しいメイクは肌を痛めないこと

できてしまったニキビ、ターンオーバーによって自然に薄くなるのが普通です。
でも、肌のサイクルには時間が掛かるものですから、消えるまでの間もいつも通りに綺麗にメイクはしたいものです。

ニキビ跡は、メイクのテクニック次第で隠すことも出来ますが、間違った方法では逆に目立ってしまって気になりますし、ニキビ跡を悪化させて治癒に時間がかかることもあります。
肌に負担の掛からない方法がベストですから、綺麗に隠す方法を考えていきましょう。

しっかり隠せるメイク用品を選ぶ

ニキビ跡を隠すメイクには、ファンデーションやコンシーラー、化粧下地などが使われます。
いつものメイク方法とあまり違いはありませんが、隠したいニキビ跡の状態に合わせて選ぶ必要があります。
通常使用しているファンデーションでは無く、ついつい隠したい気持ちが先行してしまって、カバー力の高いものを選びがちですが、それは肌への負担が大きくなることと思ってください。

ニキビ跡を隠すメイクで、ニキビ跡の状態をますます痛めたり、なんでもない健康な肌まで痛めるてしまうは危険ともいえます。
できるだけ肌への負担を減らすように考えるべきですから、「厚塗りしすぎない」「メイクしている時間が長くなくならない」よう気をつけてください。

厚塗りを避けるためには、ファンデーションで全てを隠そうと頑張るのではなく、ニキビ跡周辺に部分的にコンシーラーを使ってメイクをすることです。
そのためには、スティックタイプがカバー力も優れているので良いでしょう。
この方法でぼかすことで、ファンデーションを重ね塗りしても厚塗りは避けられます。

赤くなったニキビ跡を隠すには

ニキビ跡で目立つのは、治りかけの赤いものです。
顔全体から見て一目で分かるので、目だちますし気にもなります。
この赤みを隠したいときは、赤の補色である緑を上手に使います。

学生時代、試験などの暗記で使用した「赤字に緑のフィルムを重ねると、赤字だけ見えなくなる」という効果を、ここで活用するのです。
「これで目立たなくなる」との気持ちも乗せて、赤いニキビ跡にグリーン系の化粧下地やコンシーラーを塗ってみましょう。
目立たなくなっていませんか。

まだ目立つという場合には、元々の自分の肌色とのつりあいを考えて、パープルやブルーの化粧下地なども試してみましょうか。
でも、そのようなカラーには抵抗感がある場合には、あまり肌色から離れていないイエローカラーでもある程度の効果はあります。
赤みが強くなく目立ち方もそれほどではない場合には、上から覆って隠す方法も効果が期待できます。
イエローカラーの場合には、化粧下地よりもコンシーラーのほうが隠しやすいようです。

色素沈着したニキビ跡を隠すには

赤みがひいたニキビ跡は、色素沈着して茶や黒などの濃いトーンに変化しています。
この場合には、当然カラーコントロールより物理的に、蓋をしたり覆ったりするイメージで隠す法がが効果的になります。
自分の肌合いよりも暗めのコンシーラーを使用します。

コンシーラーには、「リキッドタイプ」「クリーム」「ペンシル」「スティック」など様々なタイプが揃っています。
一般的にコンシーラーのカバー力は、テクスチャーが硬いものほど高いので、色素沈着の色合いに合わせて選ぶことです。
普通の肌では、自分の肌色より暗い色合いにすることで、色素沈着の部分をカバーできます。

その暗い色が浮いて見える場合には、暗い色合いでカバーした上から自分の肌色と同じ色を重ねて目立たないようにしてから、いつものファンデーションを塗ると良いでしょう。
茶系の沈着の場合は、イエローカラーがその力を発揮してくれます。
さらに頬にニキビ跡がある場合には、ベースメイクである程度ぼかした後で、ピンクやオレンジ系の頬紅を乗せることで優しい印象をかもし出してごまかす方法もありますね。