スキンケアにとって一番大切なことは、自分の肌質に合った洗顔法を知ることです。
間違った洗顔法で肌トラブルを起したり、ダメージを受けたりもします。

乾燥肌や敏感肌、脂性肌等様々な肌質はありますが、正しい洗顔を実施することで、毛穴やシミ等のトラブル対策もしっかりと防いでいきましょう。

まずは正しい洗顔剤の選び方から

皆さんは洗顔剤をどのように選んでいるのでしょうか。
口コミの評判や友人達の経験などから選んでいる方も少なくないと思います。
洗顔剤は、肌への刺激を避け、しかも肌の表面の油分を洗い流しすぎないと言うことも大事なポイントになります。

そのためには、自分の肌に合った洗顔剤をしっかりと選ぶことが大切なのです。
様々な肌質の人がいますが、自分が「オイリー肌」なのか「乾燥肌」なのか、しっかりと把握していますか?

わからないまま使用していると、「オイリー肌の洗顔剤」を「乾燥肌」の人が使用してしまう間違いも起こります。
その間違いで肌からはすっかり油分が失われ、つっぱり感が強くなり、パサパサしてメイクの乗りが悪くなるでしょう。
1日気持ちよくは過ごせないですよね。

洗顔一つで気分も肌質も落ち着いた状態になるのですから、洗顔剤の選定は大事になってきます。
洗ったあとで、美容成分の浸透しやすい肌づくりを目指すのなら、洗顔剤に「洗い上がりの成分」や「保湿の成分」は必要ありません。

配合されている成分がどんなに素晴らしく「ビタミンや美白成分や保湿成分」を含んでいても、殆どは洗い流されてしまって残らないのですから無用とも考えられます。
少しは残ることもあるでしょうが…。

正しい洗顔法とは

それは、大切な皮脂を守りながらも、不要な汚れだけはしっかり落とす洗顔法です。
手順は以下のように行います。

1 まずは洗顔前に、両手をしっかり洗う。
2 洗顔剤をしっかりと泡立てます。でも手での泡立てが難しい場合は泡立てネットを使用しましょう。
3 最初はTゾーンから始めます。皮脂の多い部分から、優しく洗い始めますが、肌と指先の間に泡がクッションになるようにして、指が肌に触れないようにします。
4 乾燥しがちな部分・目元や口元は、泡を乗せるだけでも良いでしょう。
5 それからすすぎに入りますが、すすぎはとても大切なポイントです。まずはお湯の温度は熱すぎず人肌に近い「33〜36℃」位がベストです。洗剤が肌に残らないよう20〜30回は洗うようにしましょう。
6 洗顔後は、清潔な柔らかいタオルで、そっと肌を押さえるように水分を取ります。
7 タオルで水分を拭き取ったら、すぐに十分な保湿をします。洗顔後は角質の水分が失われがちなことを忘れないでください。

肌は絶対にこすらないこと

洗顔の目的は、古い角質や余分な皮脂を落とすことです。
そして、洗顔剤の洗い残しがないように気をつけることも大事です。
次に注意することは、決して「肌をゴシゴシとこすらない」ということです。

肌をこすることは厳禁ですから、スキンケアの際には充分注意しましょう。
なぜこんなに注意を呼びかけているかと言うと、「肌は非常にデリケート」だからです。
こするという行為が刺激になってしまい、「シミやシワ、乾燥肌や肌荒れ」を招く原因になってしまうのです。

日頃、気付かずにこすったりしていることはありませんか。
自分の顔の肌ですが、自分のものであっても大切にしないと、ダメージが大きくなる可能性は高いと思いましょう。

そして、ニキビや毛穴に問題がある場合には、さらに丁寧な洗顔が必要になることはお分かりでしょう。
でも、泡で洗うのが面倒になったり、丁寧すぎて洗顔が長引いたりすると、大切な成分である油分や保湿成分までも洗い流してしまうことになりますから、要注意です。
丁寧すぎることで「肌にダメージ」を与えることもあります。

正しい洗顔では、「泡で洗う」ことが大切としっかり覚えましょう。
洗顔剤を肌に馴染ませるだけでも、余分な皮脂や汚れは浮き上がってきます。
ですから泡だてることで、さらに泡は肌に密着しやすくなり、汚れや皮脂はもっと浮きあがってきますから、洗顔がしっかりとできます。

洗顔料として話題の「どろあわわ」は、沖縄の海底にある貴重な泥のマリンシルトとベントナイトという成分が配合されてます。
濃密な泡は顔の隅々までしっかりと密着して、毛穴汚れやメラニンを含む角質にまて吸着しますから、余分なものは残さず除去されるようです。